ほんものをお手元に~株式会社ユニリタ様 株主総会お手土産事例

株式会社ユニリタさまの株主総会のお手土産として、縁の木の詰め合わせを採用していただきました。

縁の木ではおなじみ、台東第三福祉作業所が丹精込めて焼き上げるつなぐ台東クッキーと、横浜市金沢区の社会福祉法人すみなす会所管の手織り工房 コパンのさをり織コースター、オリジナルのドリップパックを詰め合わせとしてお作りしました。

限られた期間の中、一枚ずつクッキーを焼き、箱の組み立て、詰め合わせ作業を請け負ってくださった台東第三福祉作業所さん、世界に一枚しかないオリジナルのさをり織りコースターを丁寧に織ってくださった手織り工房コパンさん、家に引きこもりがちたった状態から少しずつ出かけ始め、どきどきしながら縁の木に手伝いに来て、立派に包装や梱包を手伝ってくれたさゆりちゃん、あやちゃん。みんなの力で可愛らしく、世界に一つずつのお手土産を仕上げることができました。

株式会社 ユニリタ様の竹藤社長の暖かいお声掛けで貴重な機会をいただけたことを感謝いたします。

オリジナルのドリップパックは、ユニリタ様の「しなやかなI T を使い、社会の発展とより良い未来の創造に貢献する企業を目指す」という経営方針にもヒントをいただき、遠いメキシコの地で日本産のノウハウで無農薬有機栽培コーヒーを生産しているセスマッチ協同組合の豆「有機メキシコセスマッチ」をメインコンテンツとしました。甘みを補い香りを更に華やかにするエチオピア、コクを出し味を調えるブラジルのセミウォッシュドの豆と、3種類のブレンドとしました。

味を見ていただきながらブレンドを作る作業というのはとても楽しく、いろいろなコーヒーへの思い入れや思い出を教えていただくこともできます。店主はこの作業をとても大切にしており、企業様のオリジナルブレンドを作る際には必ず、手持ちされる主役であるセールスの方のご意見を取り入れるようにしています。

これからもほんものの味を、ていねいに、発信していきたいと思います。

 

オリジナルブレンド&パッケージ~デル・ソフトウェア様セミナー手土産事例

デル株式会社の子会社であるデル・ソフトウェア様から、「パートナーカンファレンスでのお手土産にオリジナリティを」とご相談いただき、お打ち合わせの中で障害者支援にも大変な理解があることを伺い、オリジナルのドリップパックの12個詰め合わせセットをご提案しました。

ブレンドはオリジナル。3種類ほどお作りした中で、「すっきりとして苦すぎず、市販のものよりも薫り高さを強調したい」とのお声から、メキシコをメインコンテンツに、ブラジルでコクと甘みを、少しのコロンビアでほのかに残る酸味を表現したオリジナルブレンドが完成しました。

パッケージは「デル・ブルー」と言われるコーポレートカラーの青。

せっかくなので、包装紙もデル・ブルーに近い色合いに合わせ、地が透明のシールをいただいて表面に貼りました。

ドリップパックの箱詰め、包装後のシール貼り作業はいつもつなぐ台東クッキーを仕入れさせてもらっている台東第三福祉作業所にお願いし、ああでもない、と相談しながら、1つずつ丁寧に詰め合わせをお作りしました。

喜ばれるかさばらないプレゼント~西武信用金庫 渋谷東支店様ノベルティ事例

西武信用金庫 渋谷東支店様よりご用命いただいたドリップパックセットです。

お客さま訪問時のお手土産として、「持ち運びに重量がなく、作成したロゴのステッカーが生かせるノベルティを。」とご相談をいただきました。

当店のドリップパックは1000個からオリジナルブレンド、オリジナルパッケージでの印刷が可能ですが、今回はお預かりしたステッカーを生かし、地元台東区の台東第三福祉作業所さんにステッカー貼りとセット作業をお願いしました。

ドリップパックは窒素充填で珈琲豆の酸化を遅らせているため、半年以上の賞味期限でお客さまにお渡しいただくことが可能です。(オリジナルドリップパックの場合は11ヶ月)

ご注文いただいてから納期までの日程も、作業を福祉作業所と分担することで短縮でき、ご評価をいただくことができました。