地域と手をたずさえて~株式会社白山様 70周年記念品事例

横浜市・金沢区の社会福祉法人すみなす会「手織り工房コパン」後援会の黒田理事に、株式会社白山 米川社長とお引き合わせいただいたのが今年の初夏のことでした。

米川社長の想いや、白山という企業の生い立ち、これからの展望を伺う中で、社長の「石川県の福祉作業所のクッキーとグリエを紹介できないか」とお気持ちに共感して、自然に金沢へ足が向きました。地域と手をたずさえ、障害者も共に成長する、助け合っていく、というのは、縁の木のまさしく在り方のど真ん中、です。

8月末、株式会社白山の中川さまにお連れ頂き、社会福祉法人ヨゼフ苑にお邪魔し、自慢のクッキーとグリエをいただき、スケジュールやお作りいただく際の打ち合わせを行いました。壊れやすいクッキーをすみなす会さんのさをり織コースターと当店のドリップパックでいかに保護するか、を考えながら、箱の形状も決めました。

箱を開けたときの印象がばらつかないように、何か白山様のロゴステッカーなどで統一しましょうか?というお話になったら、米川社長自らデザインされるとのこと。MTコネクタ(光ケーブルの接続コネクタ)と雷防護アダプタなど、独自技術を持った堅~い企業さんですから、どんな洗練されたシールが来るのかと思っていたら、自然に笑顔になれるかわいらしい小さなシールが到着しました♪♪

箱詰めと包装は、就労移行センターから就労訓練に来ているMさん、店主の長男坊と子ども店長ヒユウくん、つまみ細工を届けてくれるみな子さん、次男坊のママ友のきみちゃん、たまたまお買い物にやってきた前職の上司の晃子さんまで巻き込んで、みんなで楽しくていねいに、1箱ずつ作業しました。

米川社長からはお届け先からは、好評だったとのお声をいただき、ほっとすると共に、これからもちょっとしたこだわりや、ご縁つなぎのお手伝いができたら、と改めて思った店主でした。

白山様、すみなす会様、ヨゼフ苑様、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です